Copyright (C) 2018 Okayama Art Summit Executive committee.

プレス

岡山芸術交流2019 実施計画が決定しました2018.11.02

岡山芸術交流2019 実施計画が決定しました

岡山芸術交流2019実施計画が決定し、記者会見が行われました。
記者会見には、石川康晴総合プロデューサー、那須太郎総合ディレクター、木ノ下智恵子パブリックプログラムディレクターが出席し、実施計画を発表しました。

主な取り組み事項として、地域への浸透、学校鑑賞の強化、運営を支える人材の育成、国内外への積極的な情報発信などを掲げ、本展への準備を進めていきます。

鑑賞券の価格も決定し、2019年5月の詳細企画発表後には、前売券を発売する予定です。
また、参加アーティスト第2弾として、
エティエンヌ・シャンボー、メリッサ・ダビン&アーロン・ダヴィッドソン、ミカ・タジマの計3組を新たに発表しました。